So-net無料ブログ作成

ナイロン100℃「犬は鎖につなぐべからず~岸田國士一幕劇コレクション~」 [お芝居]

パンフレットがかわいい。ハードカバーで犬のしおりが繋がってる。

NYLON100℃ 30th SESSION 「犬は鎖につなぐべからず ~岸田國士一幕劇コレクション~」
日程:劇場 2007年5月10日(木)~ 6月3日(日) 青山円形劇場                                                     
作 岸田國士
潤色・構成・演出 ケラリーノ・サンドロヴィッチ
和装監修 豆千代
振付 井手茂太
出演 松永玲子 みのすけ 村岡希美 長田奈麻 新谷真弓 安澤千草 廣川三憲 藤田秀世 植木夏十 大山鎬則 吉増裕士 杉山薫 眼鏡太郎 廻飛雄 柚木幹斗  緒川たまき / 大河内浩 植本潤 松野有里巳 / 萩原聖人

松山への旅行や千葉動物公園、鴨川シーワールドに行った話しは後回しにして、観劇の話をUP!それにしてもうさ吉はいま横で寝てます。突発性湿疹だったようで、やっと熱が下がったところ、体に発疹が出てきました。発疹はちょっとビビッたけど、ほっとしたところですわ。

青山円形劇場ってやっぱ特殊だよね。だって座席がラウンド状に舞台を取り巻いてるんだもの。

青山円形劇場座席表 

今回はDブロック辺りにセットが組まれ、ベティはEブロックの席

で、いろんな役者さんが、いろんな方向向いて芝居してるもんだから、お席によって違うものが見えたり見えなかったり。「あぁん、この人が邪魔であっちの人が見えんっ」って。でもコノ劇場ならではの楽しみ方もあるよね。今回は花道みたいのが3本、客席通路を突っ切ってる演出。舞台そのものが回るので、役者の出入りも自由自在に行われる。井出茂太さんの振り付けが、切れがあって、役者さんも基本的には切れのよい動き。通路から3列目のベティのところまで、踊りながらはける疾風が「びゅうっっっ」って、「びゅうっっっ」って・・・。でも藤田秀世さんだけは、どう見ても他の役者さんと切れが違う。TDRのプーさんみたいだった。プーさんはおっとりキャラのため、イベントで踊るときもなんとなくテンポがズレてる。そんな感じを天然でやってた。 それも味だけど、なんかかわいい。

ナイロン100℃はあまり見ていない。ケラさんのお芝居は、オリガト・プラスティコ第1回公演「カフカズ・ディック」を見た以来かも。そのときはあまり好きな感じじゃなかった。でも小須田カフカに惚れてしまうほど小須田さんは良かった。ナイロンの女優陣も大好き。「フローズンビーチ」をスカパー!で見たのだけど、今回のお芝居ももちろん、松永玲子って役者は、凄い!憧れの存在だわ~

あと、緒川たまきさんがチョーキレイだった。豆千代さんの衣装を竹久夢路の美人画みたいに着こなしていた。アンティークの着物を細身で手足が長く背の高い現代人に合わせるのは大変だろうなぁ。

劇場そのものはこどもの城って施設の一環なので、劇場は子どもの遊び場のフロアに隣接だったりする。でも、託児所はないのよ。こどもの心と体育成を趣旨としてるから、小さい子は基本として親子で参加するプログラムのみ。未就学児入場不可の公演だと、託児所に頼らなければなりませんね。ってことで、託児所は他所で探さねばいかんのか・・・。今回もダンナにお願いしちゃったけど、もし渋谷だったらマミーズエンジェルさんとか利用してみたいね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。